こちらのページでは、歌川智子が代表を務めております、「日本輪織り協会」について紹介しています。
※こちらのページは移転準備中です。
詳細は「日本輪織り協会公式ホームページ」を参照願います。

日本輪織り協会について

日本輪織り協会は、代表歌川智子が考案した簡単両面織り機「おりりん®」を使った輪織り技法の普及とクラフトレクリエーションのご提案、社会貢献などを目的とした活動の情報発信拠点として2019年に発足しました。輪織り認定講座やおりりん体験WS、クラフトイベントなど協会の最新情報をメルマガ(年会費無料)で配信しておりますので、ぜひご登録ください!

ご挨拶

ふとしたきっかけで両面続けて輪に織れる<おりりん®>を閃き自己流で輪織り麻ひもバッグを作り始めた頃から、身近にあるもので道具が作れて場所を取らず手軽に輪織りを楽しめるこの技法は、たくさんの方に必要とされる時が来ると信じて20年間活動を続けて参りました。

様々なご縁が繋がり2012年から楽習フォーラムにて輪織りバッグ認定講座を開講させていただき120名超の輪織り認定講師を輩出することが出来ましたが、その資格をさらに活かすきっかけになればと一念発起し、輪織りを必要とされてる方とのご縁をつなぎ、輪織りのわを広げていただくための情報発信拠点になればと日本輪織り協会を発足させていただく事になりました。

まだ輪織りを知らないみなさまと出会うチャンスを広げると共に、人の手が作り出す、温かみのあるecoな道具で地球に優しく、障害者や高齢者、お子様までが取り組みやすい新クラフトレクリエーションとして、社会貢献の一助となるよう活動して参りたいと思いますので、協会へのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

日本輪織り協会代表 歌川智子